タグ:白山 ( 8 ) タグの人気記事

白山 : いつまでも

c0110008_20584393.jpg


キャンプ場へ戻り、テント撤収。

テントの張り方も、直し方も教えてもらったので、
今度は、マイテントが欲しいなぁ。

c0110008_2103122.jpg


前日の登りからバテバテだったTさん。
下りも、足がヨロヨロしていて、何度か滑って。

下山して登山口の橋が見えた頃、
「ガラガラガラーン・・・」

砂防で作業している人が、岩を足で落としていました。
「誰か落ちたかと、びっくりしたねぇ」
などと、笑っていたのですが、
その後、Tさんが、なかなか下りてきません。

いつまで経っても人影が見えず、不安がよぎりました。
でも落ちるような場所は、もう無かったし・・・。

ザックを置いて、戻ったら、
Tさん休憩されていて、ホッとひと安心。

最後の最後に、ドキドキ。
この山行で一番心臓バクバクしました(笑)

c0110008_2173671.jpg

全員、無事下山。

今回も、美しい景色に出逢えた2日間。
胸がいっぱいで、また山に登りたいと夢見てしまう。

きっと、私。
いつまでも、いつまでも、山へ登るだろうな。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 21:11 | | Comments(4)

白山 : 御池めぐり

c0110008_20153091.jpg

いつまでも山頂に居たいけど、時間が迫ってきたので、
下山開始。


c0110008_20173948.jpg

空の青が、池に映る。
美しくて、溜息ばかり。

c0110008_20185112.jpg


  雪渓を横断。
  にやけ顔が止まらない!




キラキラと輝く翠ヶ池の向こうに、槍の穂先が。

c0110008_20195222.jpg


この景色を、みんなにも見せてあげたい。
だけど、ここまで登らないと見られないんよなぁ。。

c0110008_20432568.jpg


山は、道をはずさず、無茶をしなければ、
ちゃんと、頑張った分だけ、ご褒美をくれる。

強く、優しい。

だから、山が好き。

c0110008_20451991.jpg


お花、んも~いっぱい咲いてました。
急ぐ帰り道も、お花を見つける度、立ち止まり、
なかなか前に進めません。

c0110008_20455875.jpg

キャンプ場出発から、すでに6時間。
それでも、まだまだ歩いていたい。

やっぱり、山が好き。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 20:47 | | Comments(0)

白山 : 御前峰

c0110008_1953840.jpg

御前峰目指して、標高を上げていく。

なんやかんやで、2700mまで登るんや~と
今更ながらビックリ。

c0110008_19553017.jpg

山頂に到着すると、ガスガスで、
ほんのちょこっと見えた室堂に「今や~!」と写真をパチリ。

すると・・・!

c0110008_19573539.jpg

みるみるうちに、青空!

少し早くても、も少し遅くても、
見られなかった、この景色。

ホント幸せなヤツやわ~~ん。

c0110008_1958365.jpg

  サイコー!
  
  逆立つ前髪!




c0110008_19593399.jpg

御嶽山、乗鞍、槍穂まで。

うん。
この景色。

嬉しくて嬉しくて、
思わず、雲海に飛び込みたくなりました。

さすがに、それはキケン・・。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 20:12 | | Comments(0)

白山 : 室堂へ

c0110008_19434086.jpg

雨のち晴れ女。

そう命名されました。

いつも一日目の登りは、曇りか雨。
そして、夜には晴れて、翌日は素晴らしいご来光。

登りは景色見れないし、曇ってる方が歩きやすいし、
夕日と朝日はバッチリ見れるし、青天の中 縦走できるなんて。

ある意味、一番良くないですか?
(と、前向きにとらえる)

c0110008_194797.jpg

朝日に照らされる雪渓がキラキラ輝いていて、
思わず、走りたくなりました。

c0110008_19495364.jpg

室堂到着。
神々しく光輝く白山奥宮祈祷殿。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 19:51 | | Comments(0)

白山 : 夜明け

c0110008_1928360.jpg

20日 3:30。
ご来光を見るため、キャンプ場を出発。

暗闇の中、展望台へ向かって。

手探り、足探りで、
慎重に、一歩一歩。


先が見えない不安。
足もとが定まらない不安。

誰もがみな、そんな不安を抱えながら
日々生きている。

全ては、自分の手足で、道を見つけ、
一歩一歩前進していかねばならないのだと。
c0110008_1938246.jpg

でも、その先には。
必ず、美しい朝が待っているから。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 19:41 | | Comments(0)

白山 : ひとり時間

c0110008_19124453.jpg

南竜のテント場にて。

夕日を見終わった人たちが、ゾロゾロと戻ってくる中、
一人、その道を歩く。

日が沈んだ後の、空。

オレンジとブルーの混ざり合った空が、
少しずつ、少しずつ、ピンクに染まる。

c0110008_19213586.jpg

そして。
深い深い藍色に。
一日の終わりを告げる。

刻々と変化する空。
いつまでも見続ける。

贅沢な、ひとり時間。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 19:25 | | Comments(0)

白山 : 霧雨

19日。
別当出合を出発し、しばらく歩くと、雨がポツポツ。

甚之助小屋まで、霧雨の中、いつもより、
ゆっくりゆっくり。

時々、ウソみたいな青空が広がると、
すれ違う人達が 「なんじゃこりゃ?」と(笑)

c0110008_17591814.jpg

山へのお誘いは、
いつも突然。

そして、いつも
「はい!行きます!」と。

いつ山へ行けなくなるかもしれないから。

そう言いながら、
99回目の山歩き。

私。
本当に、幸せなヤツやな~。

c0110008_187526.jpg

山への回数は多いわりに。

ちっとも地図は読めないし、
花の名前は知らないし、
付いてってばっかりで、全然成長してなくて。

本格派の人には、邪道だと思われてるやろな。
こんなんで、山登ってたらアカンのかな。

と、しょぼくれてたら。
c0110008_1983488.jpg

ええねんで。
山が好きって気持ちがあれば。

地図も花も、勉強したくなったら、
したらいいし。

それより、好きな気持ちを、失なわんように。
と。

なんだか、ホッとした。
山続けてもいいんだと。

私。
本当に、本当に、幸せなヤツやな~。
c0110008_1893086.jpg

キャンプ場に到着すると、グングン雲が流れ、
青空がクッキリ。

明日は晴れる。
そう確信した、夕暮れ。
[PR]
by chiko129 | 2008-07-26 18:19 | | Comments(0)

白山

c0110008_21565063.jpg


いつものように。
朝がくる。

なのに。
どうしてかな。

特別な気がして。


今年もまた、山に、
ご褒美をいただきました。

一日目:別当出合-甚之助小屋―南竜ヶ馬場
二日目:南竜ヶ馬場-室堂-御前峰
[PR]
by chiko129 | 2008-07-21 22:07 | | Comments(2)