<< 母への手紙 目が覚めた時に >>

眠る

今朝から、昏睡状態に。

仕事を早めに終え、病院へ。

眠っている母の手を握り、

おかーさん、chikoだよ

と声をかけると、

chikoちゃんかぁ〜、大きくなったな〜、と(笑)


ずっと眠り続けてるので、昨夜付き添いだった父は、
もうこのまま息をしなくなるのでは?と
随分心配な様子。

でも、呼吸も表情も穏やか。
きっといい夢を見てるのだろう。


祖父が痴呆になった時も思った。

眠り続けたり、訳のわからない返答があると、
見てる側は心配になるけど、

日々衰えを、身をもって実感し、
その現実と向き合っている時こそ、
本人にとっては、何より辛く不安なこと。

その苦しみや悲しみから開放されるためにも、
眠り続け、記憶を無くすのだろう、と。

現実を忘れること。

それが一番の幸せなのかもしれない。


今は夢の中、
ユックリ休んでくれたら、と。
[PR]
by chiko129 | 2011-10-03 23:50 | 母の生きた証 | Comments(0)
<< 母への手紙 目が覚めた時に >>